よく当たる占い師が在籍している電話占いサイトの口コミを集めています。人気の占い師が本当に当たるかどうか実際に試しに鑑定してもらいました。 恋愛や仕事、金運と幅広い鑑定がスマホひとつで気軽に相談できます。電話占いに関する確かな情報もお届け。

四柱推命とは

   

東洋占星術の中でもっとも体系化された占いで、古代中国で誕生しました。

日本でも室町時代~江戸時代には盛んに研究され、今も多くの専門家がおり、四柱推命は東洋の占いの中では最もよくその名前が知られています。

現在、香港や台湾で行われている四柱推命と、日本で体系化したものでは、解釈などで違いがあります。

日本で行われている四柱推命は、中国のものを取り入れながら独自に発達したものと言えます。

四柱推命の特徴と分かることとは

生誕日時の情報、年、月、日、時間の四つから個人の宿命図である命式を作ります。

四柱推命では東洋独自の時間の表現方法、十干十二支が使われます。

十干の「干」とは木の幹を指し、十二支の「支」は木の枝の意味です。

十干十二支の十干とは、甲・乙・丙・丁・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)のことです。

十二支とは「今年の干支は?」でおなじみの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のことです。

個人の誕生日時は、この十干十二支に置き換えられます。

十干十二支にはさらに、中国独自の「陰陽説」、自然界を構成するものとその性質を表す「五行説」の考えが加わっています。

五行とは、木、火、土、金、水を指します。

陰陽説や五行説は、四柱推命が体系化される以前からあった思想で、当然ながら四柱推命も強く影響されています。

四柱推命も誕生日の情報をもとに占うので西洋占星術と通じるところはありますが、1つ1つのシンボルに複雑な性質が与えられているため、こうであれば吉、これは凶という単純な結論は出しません。

すべては五行説の「相生」と「相克」という五行の思想が繁栄されています。

五行説では木、火、土、金、水の気が順調に流れてお互いを生かしているのが究極の理想です。
現実には、四柱推命でそんな命式はあり得ないので、命式において五行のバランスがどうなっているかが、その人の宿命・運命を象徴しています。
相生(強化、味方)、相剋(弱体化、敵)という意味ですが、相生ばかりがよい、相剋はダメというわけではありません。

西洋式の善悪ではなく、全体のバランスや過不足からその人物の宿命と運命を探るのが東洋を代表する占い四柱推命のやり方なのです。

四柱推命の占い方法

生まれた年、月、日、時刻の4つの情報を上下段に分けます。
上段に十干を、下段に十二支を配します。
4×2で、個人の宿命が8文字で表されます。

西洋占星術と同様、現在は誕生日からパソコンで命式は簡単に作ることができます。

しかし命式が作れても、その判断、解釈には相当の熟練が必要とされています。
最低でも、命式とその年の干支の吉凶が分かることぐらいはできないと、四柱推命は歯が立ちません。

四柱推命の強みとは

四柱推命発祥の地中国でも、その吉凶判断にとてもすぐれている占いとされています。

四柱推命では、個人の生まれ持った気質、体質、宿命など、人格を総合的につかむことができます。

性格や適職などをはじめ、肉親との関係、社会での上下関係などの人間関係の吉凶、さらに年月ごとの運勢も予測できます。

無料電話占いサイト一覧

公式 当たる電話占い口コミランキング

 - 占いの種類(鑑定方法)