よく当たる占い師が在籍している電話占いサイトの口コミを集めています。人気の占い師が本当に当たるかどうか実際に試しに鑑定してもらいました。 恋愛や仕事、金運と幅広い鑑定がスマホひとつで気軽に相談できます。電話占いに関する確かな情報もお届け。

タロット占いとは

   

タロットカードとは、非常に神秘的、象徴的な絵柄と文字によって描かれているカードです。

その由来は諸説あり、ヨーロッパに入ってきたジプシーが使っていたとか、最初は占いではなく遊ぶための絵札だったなど様々です。

発祥地についてもインド、古代エジプト、ギリシャなど、様々な地域があげられています。

いずれにせよヨーロッパ地域を中心に、長い年月をかけてタロット占いは行われ研究され、現在に至りました。

何百年もその絵柄・構成が変わることはなく、その昔さるヨーロッパの王族がタロットカードを毎日手にして眺め、精神的病が治ったという逸話が伝えられるなど、タロットは人間の心の内を鮮やかに表現するカードということができます。

タロットカードの数は全部で78枚、22枚の絵札からなる「大アルカナ」と呼ばれるものと、56枚の数札からなる「小アルカナ」で構成されています。

大アルカナには「0 愚者」から「21 世界」まで、物語の一部を切り取ったようなシンボリックな絵が描かれています。

小アルカナは4つの種類(棒・ワンド、杯・カップ、剣・ソード、金貨・コイン)の1~10までの数札と、ペイジ(小姓、騎士見習いの意)、ナイト、クイーン、キングの人物が描かれた札で構成されています。
一般的なトランプに似たものです。

タロット占いでわかること

タロットはいわゆる卜占(ぼくせん)という種類に入る占いです。

その時偶然に出たカードの種類から、近い過去、今、近い未来を読み取ります。

西洋占星術のような人生全般を占うより、短い時間枠において、具体的な答えが知りたい時に適した占いです。

今この時どう行動すればいいか、今、相手の気持ちはどうなのか、などを導くことができます。

タロット占いの方法

カードの絵札側を下にしてテーブルに置き、よくカードを交ぜます。
この時、知りたいことを強く思うことがポイントです。

大アルカナ3枚引いて具体的に過去、現在、未来を見る方法、7枚引いて1枚のカードを中心に六角形にカードを並べ、もう少し複雑な問題の解決を探る方法、小アルカナ13枚を使って1枚を中止に置き、残りを時計とは逆回りにおいて、1年間の運勢や将来を占う方法などがあります。

タロットは絵柄で上下が決まっています。
カードをめくった時絵が正しい向きの場合「正位置」、逆さの場合「逆位置」と呼びます。
これらが解釈にも加味される場合されない場合があります。

タロット占いお勧めの使い方

プロのタロット占い師に常に頼らなくても、素人でもタロットカードを手に入れ、基本的なカード解釈法を身に着ければ、自宅で毎日、気軽にタロット占いができます。

先述したように、タロットカードはその絵柄を眺めているだけで高いヒーリング効果があったり、インスピレーションを得られるとされているので、より身近に楽しみ頼りにできる占いといえます。

無料電話占いサイト一覧

公式 当たる電話占い口コミランキング

 - 占いの種類(鑑定方法)